物件1号ものがたり その2


昨日はお休みしてすみませんでした。

物件1号ものがたり その2 です。

 

 

丁寧な担当者S氏。

「物件の中はどうなっているか。写真などあれば送ってほしい」と伝えると、

「それでは今日中に撮ってくるので、明日までには送ります!」とのこと。

 

札幌から千歳までは意外に距離があります。

「もしかして、ヒマな業者なのかな・・・」と疑問に思うほどです。

 

 

しかし、翌日には物件内部だけでなく、外部の細かい部分の写真まで送ってもらえました。

 

検討の結果、買付を入れることに。

 

しかし、この時は「買付が通ってからお金の工面を考えよう」くらいの

いわゆる軽いノリでした。

 

実際にお金ありませんから!

ゆとり世代は給料も安くて、ホントお金ないんですよ!!

 

 

そこで、買付の時にこんな質問。

基本的には購入したいのですが、お金があまりありません。融資先を紹介してもらえませんか?」

所有物件も担保も現金すらない自分です。

半分、「無茶なお願いだよな~」と思っていましたが、

 

「分かりました。ちょっと探してみます」とS氏。

 

「うん?探してくれるの??」

 

物件1号は、利回り的には魅力の薄い物件なのですが、だからこそ割り切って融資のお願いが出来たのだと思います

「ダメならしょうがないか~」と諦める準備もしていましたし。

 

翌日、S氏より着信。

 

「融資先が見つかりました。ここはおススメです。こちらでよろしければ話を進めさせて頂きます」とのこと。

 

「えっ!?融資、通っちゃうの!?」思わず声に出しそうでした。

 

この時から加速度的に大家(オーナー)デビュー実現に近づいていきました。

 

 

続きはまた次回。

 

 

ゆとり大家

 

※楽天スーパーセール開催中!

コメントを残す