みずほ銀行続き…


ブログの更新が遅くなりました。

サラリーマンの仕事のせいで体力が消耗しておりました。。

つとめ人を早く卒業しないとなと強く思いました…

さて、前回の続きです。

みずほ銀行に行ってきました。

雰囲気に変化はなく、お客様もいたって普通。

拍子抜けな展開でした。

ご担当様との面談。

感じの良い方で、丁寧にお話しして下さいました。

融資の相談をした結果、一体どうなったのかと言うと……

ダメでした!!

まあ、当たり前と言えば当たり前。

「検討します」という言葉も無く、面談の時点でアウトでした。
もちろん、丁寧な感じで言われましたけど。

その担当者の方曰く、
当行の融資の方針として、アパートローンというものはいわゆる地主さんを対象としているんです。遊休地の活用というような。つまり、新築物件を対象とすることが多いんです」とのこと。

 

「もちろん、個々に見ていくことにはなりますけど」と前置きしながら、

実は、当行の基準として、木造物件は耐用年数を20年と設定しております」とのお話でした。

 

 

う~ん。なかなかハードルが高いですね~。

 

法定耐用年数通りの考え方ではないというところが盲点でした。

そもそも木造の物件なんて眼中にないんでしょうね・・

RC物件がメインになることは担当者の方も明言されていました。

 

そうなるとますます、

「木造物件で築12年くらい経ってますけど融資してください!!」と

アホ丸出しで言った自分が本当にアホに見えてきました(笑)

 

 

まあ、それは置いといて(笑)

「今回は残念ながらご期待に添えないと思います・・・」と繰り返され、

終戦。

 

 

少~し粘ってみましたが、ダメでした。

悔しさも若干ありますが、仕方ありません。

それよりも今回は勉強になったという思いが強いです。

色んな人から教えてもらったり、聞いたりすることも大切ですが、

 

自ら学びに行く、自分の目で確かめる

ということはもっと大切だと痛感しました。

その積み重ねで成長できるんだなあと思うようになりました。

この考え方が正しいのかどうなのかは、これからの自分に懸かっています。

 

 

がんばりますよ~

 

でも早く物件2号が欲しいな~

 

 

ゆとり大家

 

 

 

 

コメントを残す