先ず与えよ、さらば与えられん。


「与えよ、さらば与えられん。」

 

よく耳にする言葉かもしれません。

 

何かを与えて欲しければ、まず自分から与えなさい。

ということです。

 

 

本日、作業中にジェームス・スキナーのCDを聴いていました。

何回か聴いた内容だったのですが、今になってこの話が刺さりました。

 

「ガレリア湖(ガリラヤ湖)と死海」

 

後者は有名だと思います。

人間が浸かると、浮いてしまうという・・・

死海.jpg 

 

(塩分が強過ぎるので、肌が弱い方は要注意らしいですよ)

 

 

そんな話をしたいのではなく、このガレリア湖と死海。 

もとは同じ水源から来ています。

 

しかし、死海は塩分濃度が極めて濃く、生物が棲めるような環境にはありません。

一方で、ガレリア湖は豊かな自然の宝庫だという。

 

 

良い水だけがガレリア湖に流れている??

 

 

そんなわけない!! 

 

日本の教育制度みたいにはなっていないわけです(笑)

 

では何が違うのか。

 

 

ガレリア湖は山から受けた水をヨルダン川に受け渡している。

反対に、死海は受けた水を溜め込んでいるだけ。

 

つまり、豊かになりたければ貰うことよりも与えること、あげることに重きを置く。

貰う事ばかり考えていては、かえって身を亡ぼすということ。 

 

まさに、「与えよ、さらば与えられん。」を自然が代弁しているわけです。 

 

現代の日本社会でも同じような現象が垣間見えます。 

(自分が公務員やってる時なんてまさにそうでした!!)

 

 

こういうことをしっかり子どもたちに教えましょう!

そういう運動や取り組みをやっていきたいなぁと強く思います。

「キッズファイナンシャルアカデミー」みたいな看板で(笑)

 

 

今年も残すところあとわずかですが、まず与えることを念頭にしていきます!

※ちなみに、自分は無宗教です(汗)

 

ゆとり大家

 

よろしければ投票してくださーい。

不動産ブログバナー.gif

こちらもよろしければ投票してくださーい。


不動産投資<br />の収益物件

 

Twitterもやっておりますので、お気軽にフォローしてください!

コメントを残す