1年の最後の振り返りとこれから。ヘリマネは効きます。


 
 
こんにちは。
 
 
ゆとり大家です。
 
 
 
 
この1年、そこそこ色んなことがありました。
 
 
何と言っても、物件4号が仲間入りしたことは大きかったですね。
 
 
 
そして現在。
 
 
 
 
実は、とある作戦を実行中です。
 
 
ワタクシの人生の中でも大きな転換点になるかもしれません。
 
 
 
人生は自分で変えられる。
 
 
そう信じて、行動するようにしました。
 
 
 
もしかしたら、生活レベルが落ちるかもしれません。
 
 
しかし、幸福度は間違いなく上がります。
 
 
 
 
この計画がうまくいったら、またこのブログで紹介させて下さい。
 
 
 
 
 
 
 
さあ、この夏は参院選もあり、政治の動向も見逃せません。
 
 
新聞をはじめとした多くのメディアは増税見送りを批判し、政権を批判しています。
 
 
 
はっきり言って、これはチャンスですね。
 
 
 
周りが期待していないうちに、ちゃっかり弾を仕込んでおく。
 
 
これで、政策が発動すれば、大きく化ける可能性アリです。
 
 
 
 
 
 
何かの記事で「ヘリコプターマネー」は効かないという指摘がありました。
(※ヘリコプターマネーとは、ヘリコプターからお金をばら撒くように広くお金を行き渡らせる政策です) 
 
 
単なるバラマキだと。
 
 
 
 
 
違います。
 
 
 
今の日本にはヘリマネは効きます。 
 
 
少なくともGDPギャップが10兆円程度あると言われている現状、単純に需要が乏しいのです。
 
 
では、その需要を埋めるにはどうしたらよいか。
 
 
 
国民に配って使ってくれれば良いわけです。
 
 

供給はできるわけですから。
 
 
消費活動を促せば良い。
 
 
 
 
 
財政上の問題も必要ありません。
 
 
マイナス金利政策を含めた金融緩和で、ほぼ財政問題は解消しています。
 
(詳しくは、高橋洋一先生の読み物をご覧ください) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでもバラマキに財源を求めるなら、外為特会(外国為替特別会計)の含み益を存分に使えばOK。
 
 
 
変動相場制を採用している日本に必要のない特別会計。
 
 
20兆円近く使えるようですよ。
 
 
これもアベノミクスで円安になったおかげ。
 
 
 
 
 
こういったものこそ、国民に還元しても悪くないのではないでしょうか。
 
 
 
 
まあ、要するに日本の未来に悲観することはないと思います。
 
 
もちろん、油断はできませんが、少なくとも増税は不要です。
 
 
 
 
さあ、投資家のみなさんはどう出るか。
 
 
ワタクシは来たるべき時に向けて、着々と準備を整え始めています。
 
 
 
 
 
次回からは、通常のブログにしていこうと思います。
 
 
よろしければ、ご覧くださいねー。 
 
 
 
ゆとり大家 
 
 
 

応援クリックお願いしまーす

↓ ↓ ↓


 
 
 

コメントを残す