物件4号の進展。保険が・・・


 

こんにちは。

 

ゆとり大家です。

 

 

 

 

先日発生した、 物件4号の風災。 

 

 

保険請求しておりましたが、 、

 

 

なんとか保険が下りました!! 

 


rblog-20160619105518-00.jpg

 

 

良かった。

 

 

ワタクシ、火災保険を請求するのは初めてです。

 

 

今回、保険を請求するに当たってしたことは、

 

1.被害状況の写真を撮る。

(これ、実際には妻がやってるんですけどね) 

 

2.その写真を管理会社に送る。

 

3.届いた請求書に記入し、返送する。

 

 

 

 

以上です。

 

はい。

 

 

 

カンタンでした。

 

 

もちろん、状況や契約内容によって手続きは変わるでしょうが、

 

被害を証明できることができれば、保険を請求することができるようですね。 

 

(自主管理の方はご自身で、ほぼすべての手続きを進めることになりますが) 

 

 

そのためには、定期的に物件の写真を撮っておくことが重要だと思います。

 

ビフォー(被害前)の写真とアフター(被害後)の写真があれば、説得力が増します。 

 

 

今回はたまたま、ビフォーとアフターの写真があり、すぐに用意することができたので幸いしました。 

 

 

 

そして、今回の結果がこちら。 

rblog-20160619105418-00.jpg

 

ありがたい。

 

 

ここで重要なポイントは2つ。

 

 

1つは、お見舞金です。

 

ここでは、「事故時諸費用保険金」となっているところです。

 

 

 

保険の契約内容にもよりますが、今回の場合は損害保険金の1割が支払われます。

 

つまり、純粋な保険金プラスお見舞金が支払われるわけです。

 

これは、請求してみないとなかなか分からない、実感できないことかもしれませんが、

 

 

 

大きいです。

 

これは、請求しないと損かもしれません。

(お見舞金のみの請求は通常、ないと思います。通常の請求に付随するハズです) 

 

 

もう1つは免責金額。

 

残念ながら、今回の契約は「免責5万円」になっておりました。

 

 

例えば、20万円の損害に対し、5万円を差し引いた15万円が損害保険金になります。

(お見舞金はこの15万円に対して割合が乗じられます) 

 

 

これは、痛い。

 

契約時、そこまで真剣に考えていませんでした。

 

いくら、お見舞金があっても免責でやられます。

 

かなり大きな被害がないと、プラスになりません。

 

かといって、大きな被害なんてイヤです。精神的に。 

 

 

 

不動産を持っていて、火災保険に入っていない方はあまりいないと思いますが、

 

その保険の契約内容は、もう一度確認してみると良いと思います。

 

 

いざという時、やっぱり助かりますからね。 

 

そして経験値が増えます(笑)

 

 

 

やや時間がかかってしまいましたが、ようやく前進ですね。

 

火災保険の勉強ができたので、まあ良しとします。

 

 

 

ゆとり大家 

 

 

応援クリックお願いしまーす

↓ ↓ ↓

 

コメントを残す