勧誘電話その1



こんばんは。

ゆとり大家です。

Twitterもやっておりますので、お気軽にフォローしてください! 

本日、050から始まる電話番号から着信アリ。

営業:「○○さんでしょうか?」

(ワタクシ、名字が難しいのでほぼ間違えられます。その時も間違っていました)

ゆとり大家:「はい。」

(もう訂正するのも面倒なので、スルーするようにしています)
(ちなみにこの時点で名字の読み方が間違っていると、大した電話ではないと推測できます)

営業:「○○さんだけに特別な情報があってご連絡致しました。」

ゆとり大家「・・・(これはもしや)」

営業:「実は、新大阪駅から徒歩圏のワンルームマンションのご紹介です。」

ゆとり大家:「(キターっ!まあ、今回はちょっと遊んでやろうかな)」

営業:「今ならローンで月々58,000円の返済をして、65,000円の家賃が入ります。」

(細かい数字は覚えていませんが、こんな感じだったと思います)

ゆとり大家:「それだと全然儲からないですね。」

営業:「は、はい。そうですね・・・。でも、」

ゆとり大家:「『そうですね』って言っちゃてるじゃないですか(笑)」

営業:「いや、でもこの立地で・・・」

ゆとり大家:「どういう計算してるんでしょうか?入居率が100%ってことはないでしょう?」

営業:「は、はい。弊社の実績では96%の入居率を記録しております。」

ゆとり大家:「だったら余計儲からないですよね?」

営業:「は、はい。そうなんですけど・・・」

ゆとり大家:「いやいや、『そうなんです』って言っちゃってますよ(笑)」

営業:「入居率がご不安なら、サブリースの形もご用意しております。」
「月額家賃の10%の費用でご利用頂けます!」

ゆとり大家:「10%ってその時点で持ち出しじゃないですか(笑)」
「儲けさせようって話ではないんですか?」

営業:「しょ、少々お待ちください。」

ちょっと悪いことしたかな・・・と思いましたが、

こんな条件の悪い物件を売りつけて罪悪感とかないのかな・・

しかも、こんなツッコミにもならない

「質問」で戸惑っている様子ではちょっと準備不足が過ぎるのでは??

この後、見かねた(?)上司が出てきます。

長くなってしまったので、その続きはまた明日。

それでは~

ゆとり大家

応援クリックお願いしまーす

↓ ↓ ↓

コメントを残す