わが子に伝えたいこと。



こんにちは。

ゆとり大家です。

Twitterもやっておりますので、お気軽にフォローしてください! 

健美家のコラムを見ていたら、

ふんどし王子さんのコラムが更新されていた。

まだ、ふんどし王子さんにはお会いしたことはありませんが、

勝手にふん様とお呼びします(笑)

このコラムに書いてあることには非常に共感しています。

年齢も近く、また故郷が近いこともあるかもしれませんが(笑)

何が良いって、今の日本の仕組みからすると、

高卒で勤めた実績をもとに不動産を持つ。

その不動産を運営してキャッシュフローを得る。

この流れはかなり有効だと思うのです。

恥ずかしながらワタクシ、旧帝大卒なのですが

ハッキリ言って豊かではありません。

厳密に言えば、他の同級生たちよりは若干豊かだと思いますが、

大学に行った分のマイナスの出費があるので、まだまだ不十分です。

けっこう誤解している人が多いのは、

学歴と収入は比例しない

ということです。

ある程度の収入がなければ、生活にゆとりもありません。

少なくとも、ワタクシの周り(旧帝大卒)の人間で、すごいなーって程の

収入を得ている人はごく僅かです。

しかもそういう高収入の人は勤め人ではありません。

独立起業して今の地位を築いています。

つまり、高学歴→大企業→老後も安心

この方程式では豊かになれないと強く思うのです。

(高学歴→大企業も今では怪しいですが・・・)

そういった自分自身の体験からも、大学に行く意味ってあまり無いのではないかと思います。

わが子には、大学に行かせないつもりです。

(研究者になりたいとか言い出したら通わせますが・・)

それよりも貴重な若者の4年間を労働に費やせば、勤務の実績も作れますし、

貯金もできる。

つまり、高校卒業後の4年間でスタートラインが大きく変わるのです。

確かに、大卒の人間の方が出世や昇給のスピードは早いかもしれません。

ですが、これは定年までの長期で見たときの話で、

そもそも定年まで同じ職場にいるとは限りませんし、定年までいるつもりもありません。

そうなると、高卒(高専卒も良いと思います)で就職するのがベストな気がします。

実際、3歳下の妹は高卒で工場勤務していますが、

ワタクシより収入は多く、それなりに豊かに暮らしています。

そもそも学歴で区別するのも、個人的には嫌なのですが、

現実としてそこにある以上、仕方ありません。

なので、どうしても大学に行くのなら、惰性で行くのではなく、

目的意識を持った上で大学に行くように教育したいと思います。

大学の4年間で残ったものは奨学金の返済だけ。

そんなワタクシみたいなことにならないようにしたいですね(笑)


送料無料/高学歴社員が組織を滅ぼす 「脆弱なマネジメント」と「暴走する現場」の失敗の法則/上念司

ゆとり大家

応援クリックお願いしまーす

↓ ↓ ↓

コメントを残す