退職は難しいことではない。


こんにちは。

ゆとり大家です。

Twitterもやっておりますので、お気軽にフォローしてください! 

悲しいかな、誰も私のことを気にかけてくれません。

ウソです。

悲しくなんか全くありません。

「なんだコイツ?」と思われた方。

正しいです(笑)

なんのことなのかと言うと、退職のことが全社に広まったのですが、

誰もワタクシに連絡してこようとしません。

これは、

1.そもそも誰にも好かれていなかった。

2.辞めていく人間に興味などない。

3.裏切り者にかけてやる言葉などない。

4.今さら何を言えば良いのか分からない。

5.なぜ若くして会社を辞めるのか理解できない。

この5つに集約されるのだと思います。

どれも後ろ向きですが(笑)

願わくば、4に収まって欲しいかな(笑)

でも、けっこうな割合で1や2が多いと思います。

会社を辞めるってこういうことなんでしょうね。

辞める前、「辞める」と言い出すまでに精神的に消耗するのですが

今思えば、悩んでいるだけ時間の無駄でしたね。

会社に残る人間からすれば、別にどうってことないのでしょう。

「迷惑かけるかな・・」とか「悪いことするな・・」とか、

自分で勝手に妄想を膨らませているだけなんですね。

というか、見方によっては自意識過剰な人間なのかも・・・

ワタクシがいなくなっても組織は無くなりませんし、仕事は回ります。

抜けた穴なんて大した穴ではなく、すぐ埋まるのです。

2回目の転職で確信しましたね。

ただ、1回目はけっこう色んな人から声かけてもらったんだけどな〜

課長なんてサシで飲みに誘ってくれて、ありがたい話を聞かせてもらったり

「感謝」で職場を去ることができたのに。

遅かれ早かれ、今の職場に居続けることはなかったのでしょうね。

まだ20代ですから、やり直すには早い方が良いでしょう!

もし、退職でお悩みの方。

いらっしゃったら、コメントください!

退職願提出したてのワタクシが何らかのアドバイスができるかも・・

ゆとり大家

応援クリックお願いしまーす

↓ ↓ ↓

コメントを残す