宅建士ブームの予感。。


 

こんばんは。

ゆとり大家です。

 

 

ようやく届きました。

 

 

Amazonで予約していたのですが、北海道だからなのか本日届きました。

この後、早速読み進めたいと思います!

 

 

まあ、こういうセンセーショナルなタイトルの本ですので、

かなり売れるんじゃないかと思いますw

 

 

そうなると、宅建ブームが来ちゃうと思います。

今年の受験者数、かなり増えるんではないでしょうか?

(昨年受かっといて良かったーw)

 

 

ハッキリ言って、宅建士試験はそんなに難しくはありませんでした。

 

問題は4択ですし、

過去問からの焼き直しも多い。

問題文自体にもそこまで捻りがないので、他の資格試験と比べると

取り組みやすいと思います。

 

 

幸い、私は公務員試験時の遺産(?)で民法の基礎は既に学習していたため、

苦手とされる方の多い民法ではアドバンテージがあったかもしれません。

 

ちなみに、民法の学習にはコチラがおすすめ。

 

私は前身のスーパートレーニングプラスを独学で学んで、民法を身につけました。

 

 

そして宅建士試験の合格率は近年15%前後。

他の国家資格試験よりは受かりやすいです。

 

しかも、独学で良いと思います。

資格試験と聞くと、すぐに予備校や通信講座となる方もいますが

過去問さえできれば良いので、独学で十分です。

 

というか、すぐに他人(予備校など)に任せる他力本願的な考え方ではなく、

自らの努力で合格を掴み取る姿勢が重要だと思っています。

 

 

ま、受かったから言えるんですけどねww

 

とりあえず、今年の宅建士試験は見物です!

 

 

ゆとり大家

 

☟ 応援クリックお願いします!

 

コメントを残す