公庫から融資を受けて感じること。


 

こんばんは。

最近、めっきり疲れが取れないゆとり大家です。

 

 

1週間ぶりなんですねw

疎かにしてすみません…

 

 

色々と書きたいことがあるのですが!

前のブログで公庫について書きますよーって話してましたので、

本日は公庫のお話をひとつ。

 

 

 

もしかすると、以前にも書いたかもしれませんが

 

 

渋くなってます・・・

 

 

知人から聞いた話では、「貸さない」前提で話しているとのこと。

 

 

普通の事業には喜んで貸すのかもしれませんが(未確認w)

こと不動産賃貸業(←公庫で「不動産投資」は禁句です)に関しては、

めちゃめちゃ渋くなってるようです。

 

 

特に、「これから始めよう!」と思っている年配の方は少し厳しい世界が待っているかもしれません。

もちろん、本人の努力次第ですがマイナススタートからの逆転はなかなか難しい。

 

35歳未満の若者(←ここ微妙ですがw)や女性にはギリチャンスあるかも・・という具合でしょう。

 

 

支店や担当者によって左右されるとはいえ、全体の空気感としては渋くなっていることは明白なようです。

 

 

 

実際、私の場合も苦労しましたw

 

今では普通に話せるようになりましたが、最初のうちは担当者を説得することにかなり時間がかかりました。

 

資料を揃え、返済が滞らないことをアピールし、

30歳という年齢もアピールしてw

再三の「ちなみに〜、…はどうなんですかね?」という言葉責めにも耐えw

決定なのかどうかなかなか決まらないという放置プレイにもひたすら耐えww

 

 

最初の相談からけっこう時間がかかって、ようやく融資の決定が下りたわけです。

約1ヵ月ちょっとかかった感じですね。

(担当者からは「もう少しかかる」と聞いていたのですが、何とか早く!とお願いしてこの結果です)

 

 

まあ、担当者も忙しいのでしょうが

もう少し誠実に対応してくれても良いのにな〜と思っちゃいました。

 

 

人によっては途中で「もういいや」とか

「時間がかかるから諦めよう」ということで撤退しているのかもしれません。

 

 

私の場合、日に日に渋さが増す公庫の融資を受けられたのがどうしてなのか

分析できてはいませんが、粘り強く対応したことは間違いないと思います。

あと強いて言えば、若者という分類によってアドバンテージがあったのかな…くらいですね。

 

 

なので、どうしたら今の状況で公庫を有効活用できるのか、という問いには

明確な答えが出せないでいます。

 

 

ただ、こんな私でも何とか融資を取り付けられたので、

きっと誰にでもチャンスはあるはずです!

 

 

これぞ!と思う物件があれば、公庫に持ち込んでみるべきです。

公庫には所定の様式がありますので、他の金融機関を使うより手間がかかるのかもしれませんが、

やってみる価値はあると思います。

各種書式ダウンロード

 

 

私の場合、融資期間10年、利率は1.3%と聞きました。

(まだ書類来てないので未確認情報w。違ってたら訂正しますww)

 

本当は15年が良かったのですが、仕方ありません。

こういう条件でも可能性があるなら、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

今後、もっと渋くなっていくような気がしますので

取りかかるのなら早い方が良いかもしれません。

 

 

 

※ちなみコレ使って融資受けました。

アパート一棟買い! – 収益不動産シミュレーション – 

 

確かふんどし王子さんのブログで紹介されていたはず・・・

 

 

それでは、また次回!

 

ゆとり大家

 

 

☟ 応援クリックお願いします!

コメントを残す