ソシアルビルを持つ身として。


 

こんばんは。

ゆとり大家です。

 

 

そういえば先日、競馬場へ行ってきました。

競馬は全然分からないのですが、

子どもの遊び場が充実しているので、遊ばせておくのにちょうど良いんですw

おかげさまでたくさん昼寝してくれましたww

 

 

さて最近、「ソシアルビル」の単語をよく目にします。

 

北海道で言えばススキノが有名でしょう。

私、最初はこんな感じのビルをイメージしていました。

ビルオーナーってすごいんだなあって。

 

 

でも、ここには大小様々なビルがありますし、

普段は意識することがなかったので気付きませんでしたが、

街をブラブラしていると割とけっこう見つかるものなんですよね。

田舎の駅前とかにはけっこうあるんじゃないでしょうか。

 

 

何を隠そう、我が物件7号はソシアルビルなのです!

まだ買って間もないですが、一応ビルオーナーw

スナックと居酒屋が運営しております。

(若いチャンネーはいませんww)

 

 

これでも何とかフルローン引けました。

ただ、普通の銀行なら難しかったんでしょうね。

「公序良俗・・・」みたいな話されて。

 

でも、それを言うなら

あんたらは居酒屋行かないのか!

 

と問いたい。

いや、むしろ銀行マンのようなサラリーマンにこそ必要な場所ではないのか?

自らの憩いの場を自らが潰していくという構図になってませんか?

 

最近の銀行は銀行としての役割を見失っていると聞きます。

もはや、質屋になってしまったと。

(不動産を担保に融資するわけですから)

 

 

もう少し、まちづくりに関わっているという意識が銀行にないと

全体でジリ貧になっていくと思うのは私だけでしょうか・・

 

とりあえず、物件7号の経過については変化があればまたお伝えしていきます!

 

 

ゆとり大家

 

 

☟ 応援クリックお願いします!




コメントを残す