宅建士、登録申請完了!


 

こんばんは。

ゆとり大家です。

あっという間に2018年も折り返し地点ですね。

 

 

さて、昨日の続きですが、

 

 

 

宅建士の登録してきたぞーい。

 

 

仕事の関係でなかなか行けていなかったのですが、これでようやく。

当日は少し苦労しました。

 

 

まず、登録に来たものの、窓口が分からない。

北海道のHP見てもどこにあるのか分かりにくい。

※参考までに一度見てみて下さい。

結局、道庁「別館」にあったので、グルグルしながら向かう羽目に。

 

 

 

次は別館のエレベーターに乗ろうとしたとき。

私はもちろん私服(割とラフな格好してましたw)。

周りにはクールビズ姿の職員と思われる人達。

4台ほどエレベーターがあり、私が一番先に並んで待っていました。

私が立っていた場所とは違うところにエレベーターが到着し、ドアが開くと同時に周りの職員がエレベーターに殺到。

 

「いやいや、一般道民差し置いて、我先と行くんかい!」

こんな感情になりましたね。

自分が待っていたところではないドアが開いたので、最悪、順番が乱れることもあるかと思いますが、

さすがにちょっと見苦しかったですよ。

こういったところ、けっこう人は見ているんですよね。

公務員にもだいぶ教育が行き渡っているかと思っていたのですが、だいぶ開きがあるようですね。

 

 

 

そして、ようやく窓口に着いたのが16時過ぎ。

部屋のドアは閉ざされています。

ドアに掲げてあるボードをよく見たら、

 

<宅建業の登録は16時まで>

 

と書いてあるではないですか!!

 

 

「えっ??そんなことHPに書いてなかったじゃん!」

「いや、そもそも今回は宅建士の登録であって宅建業の登録じゃないぞ・・・」

 

そう考えて、ドアを開けることに。

(そもそも、なぜ宅建業の登録が16時までなのかは分かりません)

 

すると、「もう終わってるんですけど」感満載の職員数名が打ち合わせ実施中。

 

「あの・・・宅建士の登録は・・・」私がそう尋ねると、

 

「宅建士は向こうです。」と横の窓口に案内されました。

 

受け付けてもらえるようなので安心しましたが、なぜ入口のドアを閉めていたんでしょう。。

あれでは、「もう今日は終わってますから」感がすごく伝わってきます。

 

 

宅建士の登録には先客がいたので、一旦、後ろで待つことに。

その先客が終わったので、呼ばれるのを待っていると、

受付の人が私に向かってこう言いました。

 

「あの・・何ですか?」

 

 

何ですか?じゃねーよ!!!

 

 

まず、どう考えても宅建士の登録申請だよ!

その受付窓口って書いてあるじゃねーかよ!

そんで、「何ですか?」って聞き方おかしいだろ!!

(普通、「どうされました?」とか「ご用件お伺いします」とかじゃないのでしょうか?)

 

 

さすがに少し頭に来ましたね。

そりゃこんな対応してれば民間の方は怒りますわね。

窓口で怒れば、向こうからは「窓口で怒鳴り散らす迷惑なヤツ」「頭おかしいヤツ」認定されます。

本当におかしいのはどっちなんだって話なんですが。。

いやー、登録申請時が一番疲れるとは思っていませんでしたw

 

 

とにかく、何とか申請が完了。

7月中には登録が完了しそうです。

ただ、申請時に必要な3万7千円が少し痛かったですね・・・w

 

 

ゆとり大家

 

☟ 応援クリックお願いします!




コメントを残す